製品紹介

このページでは、弊社で製造している代表的な製品を、紹介します。

弊社では、整形外科分野を中心に、展開を計っています。

インプラント(人工関節、スクリュー等)と、手術器械が中心的な製品となります。

人工膝関節(フェモラルコンポーネント)

250フェモラル(裏表).jpg人工膝関節の大腿骨側のパーツとなります。

コバルトクロム合金という、人工関節においては、非常に実績の多い材料により作られています。

膝関節の摺動において、重要な役割を持っています。

摺動面の曲面設計と鏡面加工が、このパーツのキーポイントです。

 

 

人工膝関節(ティビアルインサート)

250インサート.jpgフェモラルコンポーネントの相手側となる、関節軟骨に相当するパーツです。

超高分子量ポリエチレンと言うプラスチックにより出来ています。

この部品の耐摩耗性により、製品寿命が決定すると言える、大事なパーツです。

最適な摺動面の曲面設計を行う事により、荷重の最適分散を行い、長寿命化を計っています。

 

 

人工膝関節(ティビアルコンポーネント)

250CR人工関節ティビアル.jpgティビアルインサートを支える為の、脛骨側のパーツになります。

高強度で生体内での安定性が高い、チタン合金により作られています。

骨に装着した際の、初期的な安定性を確保する為に、3方向のフィンを持つキール構造となっています。

 

 

 

 

ボーンスクリュー

250ボーンスクリュー.jpg各種インプラントを骨に固定したり、骨折部分の固定をするためのネジです。

チタン合金で出来ており、木ねじに似た形状をしています。

取り付けるインプラントや骨折部分の骨の大きさなどに対応する為に、多くの形状種類のものが有ります。

 

 

 

インサートトライアル

 インサートトライアルは、正規のインサートを挿入する前に、骨切除が正確に行われているか寸法確認をするための、手術器具の一つです。

展示品 (9-1).JPG

機能的には、出し入れのしやすさが、重要です。

品質的には、オートクレーブ等の高温高圧蒸気滅菌においても変形しない事が重要となります。

従来は、POM(ポリアセタール樹脂)が使われていましたが、最近ではPPSU(ポリフェニルサルフォン樹脂)も使われます。

写真は、PPSU製でサイズ別に色違いで作られています。